Joon Family Singapore B_D_gathering

こんにちは
cloud nine さんがシンガポールオフ会の様子を送ってくれましたのでご紹介します
ありがとうございます

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


8月28日から 9月の6日まで、秋に結婚が決まった娘とシンガポールに、友人を訪ねる母娘旅をしてきました。 

例年 8月29日は Kさんが主催するヨンジュン誕生日オフ会に出席してますのに、今年は旅のせいで出席がかなわず、皆勤賞(笑)は途絶えたかなと思ってましたところ あちらのヨン友のbb (happiebb)から、シンガポールのファンクラブ(Joon Family)が31日に誕生日の集まりをするから、出席しないかと誘われ、渡りに船とばかりに参加することになりました。
アクサタワーの地下にある ポラリスグルメ(!)という スチームボート(二種のスープが選べる鍋)専門のレストランで、6時からの始まりでしたが、少し遅れて私達が到着した時はもうすでに会場は ほぼ満席(33名)でした。 

会費は30シンガポールドルですから、日本円だと2000円くらいです。 bbの他には、2009年の2日間にわたる東京ドームのイベントで来日したシンガポール家族や、それ以前済州島のハンファリゾートに一緒に泊まった友人など懐かしい顔も何人か。。。  

私の出席を知らずに会場に来て、びっくりして飛び上がらんばかりに喜んで迎えてくれました。

幹事のRoseやVonと会うのは今回初めてでしたが、Roseは 今は無き’キルト’では常連でしたし、Vonも私の翻訳した日本の雑誌の記事を読んでくれていて、まるで初対面という感じはしません。

例年でしたら、ポスターやスタンディーがレストランを飾るそうですが、今年は特に飾り付けは無くて、ゲームなども無く ひたすら’同窓会’気分で良く食べ、よくおしゃべりをしました。 

でも、最後は 何人かが持ち寄ったプレゼントの抽選があり、私はpallet画伯からいただいた肖像画を何枚か寄附しました。 

最後にお誕生日の歌を歌い、ケーキを囲んで記念撮影をし、一切れずついただきました。 

因みに、このレストランは、銀行のトレイダーであるVonがオーナーで、ポラリスという名前をいただく理由がお分かりになると思います。

シンガポールのファンと言うと 忘れられないことがあります。 

アジア中で韓流が話題となり始めた頃、シンガポールのメディアが ’韓国ドラマにうつつを抜かしているのは、(暇を持て余して) もやしのヒゲを取っているおばさん達だ’ と揶揄する記事を書いたことに、猛烈に抗議をしたのです。 

何故なら、シンガポールの家族は多くがキャリアウーマンで、医師や弁護士、銀行家など専門職の人も多く、事実誤認と言うことで、メディア側からの謝罪の言葉を引き出しました。
この晩 集まった家族は まだまだ ’ヨンジュン一筋’といったダイハードなファンも多く、日頃は ’ヨン様の王(ワン)ペンです―大大ファンです。’ と自己紹介をしてはいるものの、色々と脇見(!)をしている私には、まぶしく見えました。 

別の日 vonの車に乗せてもらった時には、すぐに冬ソナのメロディーが流れてきました。 

ガーデンシティーと呼ばれるにふさわしく、瑞々しい大木が街を覆っている南国で、冬ソナのメロディーを聴くのは 何だか不思議な気分でした。

cloud nine

Joon Family Singapore 2012