皆様、アンニョンです

さて、最近、釜山でヨン様と遭遇したファンとのお話があちこちでアップされていますよね。

cloud nineさんよりメールを頂き、bbさんのブログにアップされたこの内容を和訳してくださったので、こちらのブログでも紹介させて頂きます

釜山での目撃情報は最初ツイッターにあがり、それを読んだファンが町中を捜していたようですね。

ファンのスレはパート2もあるそうですが、とりあえず、興奮さめやらぬパート1を訳してくださいました。

**********************

Fellow fans encountered YJ at Haewoondae in Busan (April 17th 2011)

suehanさんのブログより

ヨン友が釜山の海雲山でヨンジュンに出会う。(4月17日・日)

釜山のヘウンデに住む仲間のヨンジュンファンが、ブランチをしてレストランを出て来た時、駐車スペースを探す一台のフェラーリに気付きました。

運転手が窓を開けた時、彼女がそこに見たのは、駐車する場所がなくて困っているヨンジュンだったのです。

駐車場は満杯でした。

すると。彼はレストランにいき、戻ってくると再度車を駐車しようとしました。

ヨンジュンの隣には、20代のハンサムな若者がいるだけで、お付きの人はいなかったそうです。彼女は、byjtoronto(ファンのサークル)のメンバーに電話をし、三人で、寿司レストランの前で待つ事約1時間。

ついに彼に話しかける事ができました。

boonseongbaeニムが私達の為に、詳しい話をbyjtorontoのサイトにアップしてくれました。

彼女曰く、ヨンジュンはベージュのセミバギーのパンツをはき、ピッタリしたシャツの袖を半分までたくし上げ、ベストを着、茶色のサングラス(彼の目を見るのには充分に透明な)をしていたそうです。

そして、肩にはバック。

詳しい話は以下の通り。

お楽しみあれ!


原文は韓国語 boonseongbae(byjtoronto)さん

4月17日(日)

英訳 suehanさん 和訳 cloud nineさん

彼が出てくる! こっちにやって来る!寿司レストランの前で待つ事約1時間。

彼が出てきた。

どんな格好をしていたのか、何を手にしていたのか、まったく覚えていない。

ただ、

あー彼だった。

以前と違った感じ。

私は「アンニョンハセヨ」 と言った。

彼はうなずいて、車に乗り込んだ。

私たち3人は彼の車にぴったり張り付いた。

簡単だった。 だって他にライバルは居なかったから。

「握手をして下さい。サインは結構ですから」

ただ、私は彼と触れあいたかっただけ。

海風の中を待っていた私の手はとても冷たかった。

でも、彼の手はとても柔らやかくて、暖かかった。

あーそれは、なんと素敵な感じだったか。

「baetomisa(byjtorontoの)をご存知ですか?」

「ええ」

「私はまだ、baetomisaの広報大使なのです。

私はbaetomisaの者です。」 (ファンのサークルのようです)

年を重ねたせいで、彼に話しかける度胸ができた。

「どうして、こんな遠い所まで?」

オーマイゴッド!彼ったらbaetomisaのメンバー全員がソウルに住んでいると思っているのかしら?

「ヘンデに住んでいるんです」 頭の中が真っ白な私に変わり、友人が答えた。

「去年の誕生日にbaetomisaが送ったビデオを見てくれましたか?」

「ええ」

彼は笑いながら、そう答えた。「ええ。」 今でもその笑い声を感じる事ができる。ウフフ。

「私、沢山のビデオを作ったんです」

多分あまり興味が無かったのだろう。それには答えなかった。

「ドラマに出てください。」

「今年中にはそうするつもりです」

本気?それとも冗談かしら? しょっちゅう同じ質問をされるんでしょうね。考える間もなく、すぐにそう答えたから。

私に話しかけながら、彼は友人が持ってきた本にサインをしてくれた。彼は今日の日付を知らなかった。ちょっとためらい、4月15日と書いた。

「気持ち」も書いてと頼んだら、 「^_^」って書いた。

「握手して下さい」 クセになりそう。二度目の握手。あー夢のよう。

「もう、行かないと」 と彼は行った。

私たちはさよならと言い、彼は手を振った。

私達は、狂ったように手を振り返した。

彼が車を出そうとした時、そばを通り過ぎた女の子達が車の前で叫んだ。

「ペ・ヨンジュンだ!」 彼女たちはファンでは無かったけれど、運転しながらも彼は彼女達に手をふった。

もうクセになってるのね、多分、寝ていても(ファンに)手をふるかも。

方向を変えながら、彼は窓を開けて、もう一度手を振った。

私は再びプレゼントをもらったような気がした。

「ブーン」という唸り声を上げて、フェラーリは去っていった。

凄い音だった。

追伸:boonseongbaeニムによると、ヨンジュンが車を停めたのは、鉢植えの脇だったらしく、車のドアを開けた時にドアに少しひっかき傷がついようです。

アララ〜

**************

(以上、原文ママ)


アハハ、読んでいてとても微笑ましかったです。

しっかし、今はtwitterというものがあるから、芸能人はすぐに居所がわかってしまい大変ですね(^^;

それにしても・・・いいな〜ちゃんとヨン様に存在を分かっていてもらえて〜〜!!!うらやましい〜〜

「もう、行かないと」か〜・・・。そんな台詞もかっこよかったんだろうなあ(妄想、妄想・・・ぷぷ)。

隣の美男子は誰だったのかしらん〜〜(もしかしてリダ??)

新作品は今年中・・・期待しています・・・
!!!!!