みなさん、こんにちわ!25日の昼に韓国から戻ってきました。

いや〜・・・何から話していいのか・・・・。正直まだ現実に起こった事とは思えずドキドキしています。(本当に心臓が爆発しそう)

結論から言うと、今回は本当に「想定の範囲外」「予想ガイ」で(笑)・・・

ペ・ヨンジュンさんにお会いする事が出来ました・・・・・

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*

 

ずっとヨン様はチェジュと聞いていたので、一緒に行ったM嬢さんから笑、「ヨンジュン、ソウル帰って来ないかな〜」といわれても、「帰ってくる訳ないよ〜〜月末ぐらいでしょ??」とずっと言っていた私。

それがまさか・・・・24日に本当にソウル入りになるとは・・・・何が起こるか分からないものですね。

そもそも私の今回の最大の旅の目的(ウフ♪の意味深メインイベント)は、美容院でトリートメントする事だったのです(笑)

それが急遽予定変更。ヨン様がソウルに帰ってくる、という事で、予定時間を変更して金浦空港に向かう事となったのです。

私の頭の中は「???」で一杯。「え??ヨン様がソウルに帰ってくる?嘘でしょ?!!」の文字が頭ぐるぐる。

金浦に到着すると13:55に到着予定との事・・・・。ようやく実感がわいてきました。

その場にいた日本家族はたった8人。韓国家族の方は3人。

もしかしたら、夢だった握手が出来るかもしれない・・・・でも、お疲れだったら・・・とか、用意された一輪の花を手にもちつつ、気持ちは落ち着かなくなってきました・・・・・

そうこうする内、飛行機が5分早く到着。みんなで、ゲートの前で5分ぐらい待つと・・・・

ペ・ヨンジュンさんが!!出てきたのです!

ハンチングに、薄いサングラス、グレーのスーツにジーンズ・・・・

もう、頭は真っ白・・・・・。韓国カジョクの方がヨンジュンに白い手さげ袋を渡している。私も隣で手を出すと・・・・

握手してもらえました・・・・。

そして、ヨン様の方から花をもらってくれ・・・・、3・4歩私の先を歩いたところで・・・・

突然振り向いて、私が渡した花を右手で持ち上げながら、「ありがとう!」という感じで満面の笑みを浮かべて私に会釈してくれたのです・・・

12

イメージ図(笑)

BYJファミリーブックより

 

 

もう、びっくり!!

その時の笑み・・・・握手よりも何倍も嬉しさがこみ上げてきました。今まで(イベント等)で見た中で最高の笑顔でした・・・・・。

「ああ、一人ひとりに優しいって・・・これなんだ!!」とパニックになりながらも思いました。

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*

 

そして、ロビーを出ると、飛行機到着が5分早まったために、なんとまだ車が到着していなかったのです!

大スターを外で待たせるのも凄いなと思ったけど笑、そのお陰で車が到着する間、ずっとその場で一緒に待っている事ができたのです。

もう、本当に目の前にいるという、感じです。

「うわ〜・・・本当に素敵・・・。」「ヨン様が目の前にいるなんて・・・」ともう脳死状態(笑)

テレビで激ヤセなんていわれたらしいけど、そんな事は全然ない。ロケで日焼けしたのか肌も浅黒かった。肌つやもいい感じ・・・・。

私はちょっと後ろからずっと眺めていましたが、やっぱり足が長いですね〜。身長も180cm以上に見えました。

M嬢いわく、特に香りはしてこなかったとの事。靴は先がとんがった型押し。他の方の証言によると、ベルトがかっこよかったらしい。

韓国家族の方と会話を交わしていましたが、私はヨン様目に焼き付けるので精一杯。言葉なんてとても出てこない・・・・

暫くして車に乗り込むとすぐに窓を開けてくれ、あの大きな手で手を振ってくれました。

ヨン様がロビーに出てきて、6,7分・・・もしくは10分ぐらいだったのか・・・・。

その日はもちろん、信じられない気持ちで一杯・・・・

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*

 

帰りの飛行機の中で、私はあの「微笑」を思い出していました。

ふと今までの事がフラッシュバックしてきて・・・。

 

ホテリアー900人ツアー・・・知っていたのに行かなかった後悔。

ソウル写真展ツアーA日程と同じ日程で個人で行って見事玉砕して帰ってきたこと・・・・

その写真展とハンドプリント、あまりの人ごみで目の前にヨン様がいるのに全く見れなかった悲しさ・・・

その直後だったので仕事が休めず、成田空港へ行けなかった悔しさ。(よほどこちらの方が見れたと思われる)

六本木ヒルズの駐車場でみんなで待っていて、「いよいよヨン様の車が来る!」という時にホテルで事故があったと聞いた時のショック。

来るんじゃないかと、ずっと最後まで待っていた写真展。

4月8日のゴシレでのニアミス・・・

そして・・・去年のEXPOイベントで握手が一番違いで外れたこと・・・・・

 

その度に泣いてきた。

その他でも私は悩んでいた。人生思い通りに行かない事ばかりだ・・・と。

気持ちは上がったり、下がったりの日々だった。

もう、夢なんて叶わないんだと、半分あきらめていた。

 

ところが

 

夢は突然、思いがけない形で叶った。

もしかしたら願いというのは、「すぐに叶う時」と「時間がたって叶う時」があるのかもしれない。

人はすぐに叶わないとどうしても、あせってしまい、希望を見失ってしまうけれど。

 

私はあの「微笑み」を一生忘れないだろう。

飛行機の中で私は気がつくと、泣いていた。

なにかつらい事があった時あの微笑を思い出したら・・・・乗り越えていけそうな気がしたのだ。

彼もがんばってるんだ、と・・・・夢はいつか・・・・叶うんだと・・・・

 

家に帰って「四月の雪」のSの”ブレス”を何回も何回も聴きながら、私はずっと泣いた。

今度は・・・・・「嬉し泣き」で。

 

2007年8月24日